「オンラインカジノって何?」
「オンラインカジノの安全性について知りたい」
「還元率って何?」

最近新型ウイルスの10万円の給付金をご入金で、4000万円以上貰った男が短期間で一攫千金を得ようとして挑戦したり、サッカー日本代表のベテラン選手がBSチャンネルでピンク色のサッカーユニフォームを着て出ているTVCMを見たりして話題になっているオンラインカジノがあります。
カジノも行った事が無いし、オンラインで何だか胡散臭いし、本当に儲かるのかも疑問に感じている人も多いはずです。
そこでオンラインカジノについて知らない人にも解るように、その魅力について以下にいくつか上げて紹介します。

関連記事:オンラインカジノで一攫千金! のはずが…突然の閉鎖や出金不能など詐欺に引っ掛かる可能性も

オンラインカジノは安全に遊べるの?

まずオンラインカジノが、胡散臭くて本当に儲かるのかや、何だかアングラの人がやっている詐欺目的の娯楽だと疑っている人に対して、安全に遊べるのかを紹介します。
どんなオンラインサービスでもそうですが、一部に胡散臭いサービスもありますが、大多数のサービスは公的な機関が安全性を保障している健全な業者が運営しています。
実際TVCMを大々的にやっているサービスの場合は、海外でカジノグループを経営している企業などが行っています。
そのため実際の店舗をヴァーチャル空間に再現して、主人公のアバターを動かして、例えばポーカー台の前のディーラーに話しかけると、店舗にいる本物のディーラーと勝負する事も可能です。

勝ったら本当にお金が手に入るの?

次に本当に賭けをやって勝てばお金が手に入るのかについてですが、大手や長年サービスを提供している老舗のサービスであれば、勝てば確実に賞金を受け取れます。
何故ならばもしもお金を支払ってくれなければ、沢山の被害者が既に訴えていて、サービスが存続している訳がないからです。
以前は海外のサイトがやっているサービスで、日本円からドルなどの海外通貨に変えて勝負しなければならなかったけど、最近はカジノで遊べるコインなどに日本円を返還して遊べるサービスも出てます。
海外に銀行口座を作っていた時には、実際に賭けを行うためには本人確認や認証などで数日かかっていました。
だけど最近は、日本円からカジノで使えるコインに変えて遊べるようになって、遊びたくなったらその日のうちに遊べるサービスも増えました。

還元率とは

オンラインカジノって、どの程度儲かるのかで良く日本の国内の公営のギャンブルと比較されます。
ギャンブルで勝ちやすさを表すのが、還元率です。
還元率ってなんかオレンジジュースの濃度みたいで、なんなのと思われる人がいますが、どれだけ掛けたお金が勝った時の賞金に使われているかの率です。
だから100パーセントに近づけば近づくほど勝ちやすく、逆に50パーセントを下回るとほとんど勝てなくなってきます。
日本で一番儲からない公営のギャンブルは宝くじで、何故かというと掛け金を使って公共事業資金を集めるのが目的だからです。
そしてくじを売るためには、紙を印刷したり売り場の店員さんの人件費が掛かったり、TVCMや広報活動によるコストも必要経費として掛かります。
だから宝くじは、実際の還元率は約4割と言われていて、ほとんど勝ち目はないギャンブルです。
宝くじに比べて多少ましなのが、競馬競輪競艇やオートレースです。
ましとは言っても、各管轄省庁が予算を増やすためにやっている事業なので、その分と運営に掛かるコストを引くと還元率は約6割とかなり低いです。

まとめ

日本にはグレーゾーンだけど、パチンコやパチスロという警察庁が管轄のギャンブルがあると言う人もいますが、それでも還元率は8割前後です。
そして世界で最も当たりやすい施設と言われているのがカジノ施設で、約9割以上の還元率を実現してます。
そしてオンラインカジノは施設運営費が全くかかっていないくてPCで管理しているので、なんと還元率は9割後半で最も勝てるギャンブルだと言われてます。